神甲兵



神甲兵

神甲兵は人間状態の時と装備が異なり、専用のパーツを組み合わせることで稼働します。
人間と同じく、パーツも持っているだけでは効果を発揮しません。
パーツをそれぞれダブルクリックして装備しましょう。
以前のM2(M2神甲演義)では、神甲工房でないと装備を変えたりすることはできなかったが、今は、人間用装備と同様、持ち物からダブルクリックで、装備することができる。
装備ウィンドウを開いて、左上のアイコンで装備を人間から切り替えると、神甲兵状態の装備が確認できます。

戦闘方法は人間と同じく、相手を左クリックすることで戦闘が始まります。
なお、神甲兵のパーツによっては独特の技能が付属しているものもありますので、パーツを確認する場合には、技能などがついていないかも合わせてみてみるとよいでしょう。


変身の方法

「神甲兵切り替え」ボタンを押すか、キーボードの「C」を押すことで変身が行えます。
ただし、ロボ用MAPでのみ、変身することが可能です。


変形/技能

M2神甲綺譚の特設サイト時代に、ロボが変形できる?!ような話があり、天翔伝で実装されました。

各町の神甲工房、整備員に話しかけることで、変形が可能。

汎用形態:万能装備強化型。従来の神甲兵と同じ感覚。
剣術士形態:接近戦特化。剣での接近戦を得意とし、戦闘用技能も習得可。
法術士形態:法術を使用する魔法タイプ。
弓術士形態:遠隔物理攻撃型。弓や銃での遠隔攻撃が可能だが、神甲兵用の矢や弾が必要。


・開始時は汎用形態
・形態毎にLvがあり、全てLv1スタートとなっている
・各形態でのLvは独立計算されており、変形による変動はない
 例)汎用形態でLv10の時、剣術士形態に変形するとLv1からスタートとなる
 例)さらに剣術士形態でLv20にした後、再び汎用形態に戻してもLv10のまま
・従来の装備品による技能に加え、人間の様に各形態でのLvに応じた技能が習得可能
・技能習得は人間同様、APを必要とし、必要なAPも非常に多いが、各技能はLv1のみ
・一度習得した技能は、消去しない限り別な形態でも使用できる

共鳴


天翔伝より実装されたシステム。

趙の街のNPCの任務を達成することで、共鳴ゲージが解放される。

共鳴専用の技能をセットし、人間のまま戦闘する事でゲージが蓄積されていき、
100%となった時、該当の技能が発動可能となる。
この時、通常技能の様に技能アイコンが暗転から発動可能な状態になり
クリックすることで発動する。

神甲兵の形態によって、共鳴効果(技能)は異なる。
※趙の街の任務はLv25の神甲兵を倒す必要がある為、ある程度育てておかないと厳しい。


神甲工房

以前は、神甲兵の装備変更も神甲工房で行っていましたが、
今は、人間用装備と同様、持ち物からダブルクリックで、装備することができるため、
利用価値は下がってきてしまっているが、
それでも、ロボ用装備や武器・盾の買取、修理はここで行います。
また、精錬も行うことができるので、ロボパーツの精錬は神甲工房で。

特に修理画面ではHP/EPがタダで全回復するため、序盤の資金不足時はなにかとお世話になるかと思います。

情報提供

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2012-11-14 10:39:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード